わきがの遺伝


わきがは病気ではありません。

わきがとは,わきがの遺伝や体質によるものが原因の症状です。

両親がわきがではないのに,わきがの症状が出ている人は,わきがの遺伝というものに疑いを感じると思います。

しかし,わきがは体質によるものなので,ある日突然にしてわきがになってしまうということはありません。
そのような場合には,祖父母のほうのわきがの人からのわきがの遺伝を疑いましょう。

わきがの遺伝についてですが,わきがの遺伝というものは優性の遺伝となっています。

この,わきがの遺伝の優性遺伝とはどのようなもののことをいうのでしょうか。

まず,わきがの遺伝は,どれくらいの確率で起こりうるものなのかを見てみたいと思います。

例えば父親,もしくは母親のどちらかだけがわきがの体質を持っていた場合は,わきがの遺伝はどれくらいの確率でしょうか。

この場合,子供にわきがの遺伝がなされる可能性50%くらいだといわれています。

もしも,両親ともにわきがの体質を持っていた場合,わきがの遺伝は80%くらいまであがることになります。

この,わきがの遺伝はどうして起こるのかというと,わきがの原因となるアポクリン汗腺の数が遺伝することになったり,もしくは汗をかきやすいという体質が遺伝することから,わきがの遺伝が起こるといわれています。

わきがチェック2


わきがのチェックの他の方法としては,下着などが汗で色づくほどよごれるかどうかというチェックの項目があります。

脇のしたにあるアポクリン腺からの汗は,たんぱく質やアンモニアなどの色々な成分を含んだものとなります。

そのため,下着が汗でよごれるような場合には,わきがの体質であることが多いのです。

わきの毛の濃さや量なども,わきがのチェックの重要なチェック項目です。

わきの毛が濃かったり,量が多い場合には,わきがの体質であることが多いのです。

また,わきがのチェックのポイントとして,男性の場合にわきの毛に白い粉が付着している場合などでは,ほとんどの場合が強いわきがの体質であるといえます。

親がわきがの体質を持っているかどうかも,わきがのチェックの際に重要なポイントとなります。

親がわきがの体質である場合には,3割ほどの確率で,その子供もわきがの体質を受け継ぐことが多いのです。

また,わきの下にかく汗の質なども,わきがのチェックのための項目のひとつです。

わきの下にかく汗が,粘り気の強いものである場合には,ほとんどの場合がわきがの体質だといえます。

また,家族などの親しい間柄の人に,わきがのチェックをしてもらうのもとても良いでしょう。

わきがは軽度であればデオドラント剤などで押さえることもできますし,重度の場合でも手術をすればほぼ完治できるものです。

わきがのチェックを怠ることなく,はやめに対処をしましょう。

わきがチェック


もしも自分がわきがでも,あなたの周りの人はなかなかそれを指摘するようなことはできないと思います。

そのため,自分がわきがかどうかの,わきがのチェックをすることが大切となってきます。

では,自分でもできるわきがのチェックとはどのようなものでしょうか。

わきがのチェックをするには,いくつかのわきがのチェック項目から判断することができます。

まず,わきがのチェックの方法のひとつめは,耳あかの状態からのチェック方法です。

耳あかの状態が軟らかいかどうかで,わきがのチェックをすることができます。

わきがは,病気ではなく体質や遺伝の問題ですが,わきがの体質の人は,耳あかが湿っていることがほとんどです。

そのため,わきがのチェックでは,耳あかが湿っていてやわらかい場合,わきがの体質である場合が高いということです。

耳あかのたまる外耳には,汗腺がありませんが,わきがの体質である場合には外耳にアポクリン腺が多いということになり,その結果,耳あかが湿っていて軟らかくなるのです。

また,外耳に生えている毛の量も,わきがのチェック方法のひとつです。

外耳に生えている毛の量が多い場合には,わきがの体質である可能性がとても高いのです。

子供のわきが


子供のわきががこんなにも増えた原因はどのようなことにあるのでしょうか。

子供のわきがが増えたのは,最近の子供の発育が良くなったことも原因ですが,食生活にもおおいに関係があるといえます。

最近の食生活は,とても欧米化してきています。

そのため,子供でもアポクリン腺がとても大きく発達するようになったのです。

その結果,子供のわきがが昔よりも増えてきたのでしょう。

子供のわきがの場合には,やはり子供の周囲の友達などからのイジメなどの対象になってしまうことも心配されると思います。

しかし,親が過剰に反応してしまうと子供は余計に思い悩んでしまうでしょう。

子供のわきがが軽度の場合には,デオドラント剤などをすすめるなどして症状を軽くするようにすると良いでしょう。

子供のわきがが重度の場合には,手術などの完治する方法を考えるのもよいでしょう。

また,子供のわきがだと思っていたものが,子供のわきがではない場合などもあります。

そのような場合には,清潔に保つように工夫してあげることがたいせつです。

いずれにせよ,子供のわきがの問題は大人のわきが以上にとてもデリケートな問題です。

親がきちんと子供のわきがに対する知識などを持ち,悩みなどがあればきちんときいてあげるなどの対処をすることが,子供のわきがの問題にとってたいせつなことだといえます。

子供のわきが


わきがは,おとなだけがなるものだと思われていましたが,最近では子供の発育がとても良いので,子供のわきがが増えてきているようです。

わきがは,アポクリン汗腺の活動が活発になることにより症状が出てくるものです。

子供のわきがが今まですくないとされていた理由は,そこにあります。

アポクリン汗腺の活動が始まるのが,思春期になってからだからです。

しかし,子供の成長が良い現在では,子供のわきがが増えてしまっているのです。

わきがは,遺伝による要素もひとつの原因とされています。

そのため,親がわきがの場合にはその子供が,子供のわきがになるという可能性はおおいにあるのです。

子供のわきがの場合は,大人のわきがの場合よりもさらに問題はデリケートになってきます。

子供のわきがの場合には,いちばん近くにいる親が,子供のわきがの治療やケアなどを考えてあげないといけません。

しかし,子供のわきがが多い思春期には,そのようなデリケートな問題への対処もとても難しい問題となってきます。

しかし,子供のわきがの治療自体は,小学生くらいからおこなうことができるので,親がきちんと子供のわきがについて考えてあげることがたいせつだといえます。