口臭と歯周病


口臭の原因の一つに歯周病(ししゅうびょう)があげられます。


ところで、歯周病とはどんな病気かご存知ですか。

歯周病とは、読んで字のごとく歯の周りの組織におこる病気の総称です。

つまり、歯の周りについた歯垢(しこう)や歯石(しせき)によって、歯茎(はぐき)に炎症を起こしたり、歯を支えている骨が壊されたりすることによって起きる歯の病気です。

原因の歯垢とは歯にネバネバと付着する口の中の細菌のかたまりであり、この歯垢が石灰化し固まったものを歯石といいます。

ちなみに歯垢は歯ブラシで簡単に取り除くことができます。


歯周病は虫歯のように痛みがともなうことがあまりないため、知らない間に進行している場合が多いのです。

そしてそのまま治療せずに悪化してしまうと歯が抜けてしまうこともあるわけですね。


口臭は周りの人にも迷惑ですし、歯の健康をも害する歯周病はどのように進行していくのでしょうか。

歯周病の進行について簡単にご説明していきます。


まず歯周病は歯肉炎と歯周炎に大別されます。

-歯肉炎-

歯肉炎は歯周病の始まりの段階で、歯の周りの柔らかい部分が、細菌により炎症が起き、腫れてきます。

そのまま歯肉炎が進行すると、口の中がネバついたり、歯を磨くときに出血したり、口臭もともないます。

また、膿が出ることもあるのです。

歯肉炎が進行すると、歯と歯肉の間の溝である歯周ポケットが形成されます。


-歯周炎-

歯肉炎を治療せず放置すると、歯周炎となってきます。

歯周炎となると、常に歯を磨くとき出血し、口臭もひどくなってきます。

その他にも、歯周ポケットに膿がたまって、歯の根の周りの骨が溶けてしまい、そして歯肉がよりいっそう歯の根から離れるため、歯が安定せずぐらついてくるのです。

これがより進行すると最後には、歯が抜け落ちてしまうわけです。


歯周病は高齢者に多いとされてきましたが、最近では歯周病の低年齢化が進んできて、若い世代も歯周病にかかる人が多くなりました。

歯周病になると歯茎が腫れたり出血したりするだけでなく、口臭もひどくなります。

口臭はなかなか自分では気づきにくいのですが、知らずに周囲の人に迷惑をかけてしまいますね。


口臭が気になり、歯周病の症状が見られるようでしたら、早めに歯科医を訪れて治療しましょう。

| 口臭